NumberPoint

NumberPoint
NumberFormやこれに関連した関数に与えるオプションで,小数点として使用する文字列を与える.

詳細詳細

  • デフォルトはNumberPoint->"."である. »
  • NumberPointは,Interpreter["Number",]の数の解釈に何を仮定すべきかを指定する際にも使うことができる.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (2)  (2)

デフォルトの乗算演算子はピリオドである:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]//NumberForm=

代りにコンマを使う:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]//NumberForm=
1988年に導入
(1.0)
| 2014年に修正
(10.0)