OpenAppend

OpenAppend["file"]
ファイルを開いてそのファイルに出力を追加して,OutputStreamオブジェクトを返す.

詳細とオプション詳細とオプション

  • 以下のオプションを与えることができる.
  • BinaryFormatFalseファイルにバイナリ形式を使うかどうか
    CharacterEncodingAutomaticどの文字規格を使用するか
    FormatTypeInputForm式を表示するためのデフォルト形式
    NumberMarks$NumberMarksいつ近似値にマークを使うか
    PageWidth78行あたりの文字数
    TotalWidthInfinity単一の式の最大文字数
    MethodAutomatic使用するストリームメソッド
  • パイプをサポートするコンピュータシステムでは,OpenAppend["!command"]は,command で指定された外部プログラムを起動し,これに入力を送るためにパイプを開く.
  • OpenAppendが特定のファイルやパイプを開くことに成功しない場合,メッセージを表示した上で$Failedを返す.
  • OpenAppendは「ファイルとストリーム」で記述されている手続きに従ってファイル名を解読する.
  • OpenAppendは,OutputStream["name",n]を返す.ただし,name はファイルやコマンドのフルネーム,そして,n は,現行のWolframシステムセッションで開かれるすべてのストリームを通して一意的なシリアル番号である.
  • SetOptionsは,すでに開いている出力ストリームの特性を変更することに使用することができる.
  • PutWriteのような関数は,ファイルやパイプがすでに開かれていない場合,必要に応じて自動的に開く.
  • デフォルト設定のBinaryFormat->Falseのとき,CharacterEncodingであると解釈される.
  • Methodオプションを使うと,ストリームは指定された入力ストリームメソッドで開かれる.これはOpenAppendがファイル名を分解するデフォルトの方法を無効にする.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (1)  (1)

ファイルを作り,式を書き込む:

In[1]:=
Click for copyable input
In[2]:=
Click for copyable input
In[3]:=
Click for copyable input
In[4]:=
Click for copyable input

ファイルを読む:

OpenAppendを使ってファイルを開く:

In[6]:=
Click for copyable input
Out[6]=

式を書いてストリームを閉じる:

In[7]:=
Click for copyable input
In[8]:=
Click for copyable input

ファイルを読む:

1988年に導入
(1.0)
| 2012年に修正
(9.0)