OpenerView

OpenerView[{expr1,expr2}]
オープナ(opener)が閉じている場合は と,開いている場合は の両方とともにオープナとして表示されるオブジェクトを表す.

OpenerView[{expr1,expr2},state]
Falseだと閉じ,Trueだと開くオープナの状態を指定する.

詳細とオプション詳細とオプション

  • オープナは閉じている場合は,開いている場合はと表示される.
  • オープナは,の外側の左上に表示される.
  • OpenerView[list,Dynamic[state]]は,動的に更新される の現行値によってオープナの状態が指定されるとみなす.の値はオープナがクリックされるとリセットされる.
  • 次のオプションを与えることができる.
  • AlignmentAutomatic表示エリア内のオブジェクトの整列方法
    BackgroundNone使用する背景色
    BaselinePositionAutomatic周囲のテキストと相対的な位置付け
    BaseStyle{}オープナビューのベーススタイル指定
    EnabledAutomaticコントロールを有効にするかどうか
    FrameMarginsAutomatic枠全体の内側の余白
    ImageMargins0表示エリア周囲の余白
    ImageSizeAutomatic表示エリアの全体的な画像サイズ
  • デフォルトのオプション設定のImageSize->Automaticのとき,OpenerViewは現在表示されている 分のスペースしか残さない.ImageSize->Allとすると,全体的な大きさが変わらないように最大の 分のスペースが残される.
  • デフォルト設定のBaselinePosition->Automaticでは, OpenerViewのベースラインはオープナアイコンのベースラインと同じであるとみなされる.
  • BaseStyleの設定値は,一般に現行スタイルシートのスタイルで与えられるデフォルトスタイルに追加される.
2007年に導入
(6.0)