Optional


パターンオブジェクトで, の形式の式を表し,これが与えられていない場合には で置き換えられる.

詳細詳細

  • Optionalは,パターンで表された関数における「オプション引数」を指定する.パターンオブジェクト p は,引数が取るべき形式を与える.式 は,この引数が与えられていない場合に使用する「デフォルト値」を与える.
  • の形式は,Optional[s_,v]と同値である.また,この形式は とも同値である.この場合, がシンボルであるため,シンタックス上の曖昧さはない.
  • 特殊形式 は,Optional[s_]と同値で関数の引数を表すことができる.これが指定されないと出現する関数のために大域的に指定されたデフォルト値によって置き換えられる.
  • Default[f,]に与えられた値は,f の引数として現れた場合に使用されるデフォルト値を指定する.Default[f,]の割当ては,最初に の引数として現れるよりも前に行われなければならない.
  • Optional[s_h]は,与えられなくてもよい関数を表すが,与えられた場合には,頭部 を持つことを条件とする.この場合,簡素なシンタックス上の形式が存在しない.
  • デフォルト値が組込みになった関数には,PlusTimesそしてPowerが含まれる.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (1)  (1)

In[1]:=
Click for copyable input

両方の引数が明示的に指定された関数を使う:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

これで,第2引数はデフォルト値を持つと解釈される:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=
1988年に導入
(1.0)