Or

e1||e2||
論理和(OR関数)である.これは,与えられた引数を順に評価していき,いずれかがTrueを与えると直ちにTrueを返し,すべてがFalseを与えるとFalseを返す.

詳細詳細

  • Or[e1,e2,]は,e_(1)∨e_(2)∨...としてStandardFormInputFormに入力することができる.記号∨Esc||EscEscorEscまたは\[Or]として入力される.
  • Orは属性HoldAllを持ち,引数の評価を明示的に制御する.e_(1)||e_(2)||...において,e_(i)は順番に評価さる.そのいずれかがTrueと判明した時点で評価は中止される.
  • Orは,必要に応じてFalseである初期の引数を削除し,記号的な結果を与える.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (4)  (4)

2つのアサーションを||で繋ぐ:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

記号的論理和:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

方程式系:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

EscorEscを使って入力する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
1988年に導入
(1.0)
| 1996年に修正
(3.0)
Translate this page: