OutputResponse

OutputResponse[sys,u,{t,tmin,tmax}]
系のモデル sys の入力 u に対する数値出力応答を について与える.

OutputResponse[sys,{u[0],u[1],}]
入力数列 に対する離散時間系 sys の出力応答を与える.

OutputResponse[sys,u,t]
入力 u に対する系 sys の記号出力応答を時間 t の関数として与える.

OutputResponse[sys,{u1,,um},]
複数入力 に対する出力応答を与える.

詳細詳細

  • OutputResponseはインパルス応答,ステップ応答,ランプ応答としても知られている.
  • OutputResponseは,与えられた入力について,もとになっている微分方程式あるいは差分方程式を解く.
  • 系のモデル sys は,TransferFunctionModelStateSpaceModel,連続時間AffineStateSpaceModel,あるいは連続時間NonlinearStateSpaceModelでよい.
  • 線形TransferFunctionModelまたはStateSpaceModel sys もまた,ディスクリプタ系あるいは遅延系でもよい.
  • 微分方程式および差分方程式の初期値は,TransferFunctionModelについては0であるとみなされる.状態空間モデルについては,他に指定がない場合は,sys の状態操作値であるとみなされる.
  • OutputResponse[{sys,{x10,x20,,xn0}},]を使って状態空間モデル ssm の初期状態を指定することができる.
  • ディスクリプタ状態空間系では,初期状態が矛盾しないものでなければならない.
  • 遅延状態空間系では,初期状態に履歴が含まれ,t0について として与えることができる. »

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (4)  (4)

二次の系のステップ応答:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

正弦波入力に対する伝達関数モデルの出力応答:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

応答を可視化する:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

初期条件が非零の状態空間モデルからの応答:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

サンプルとして取られた正弦曲線に対する離散時間系の応答:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
2010年に導入
(8.0)
| 2014年に修正
(10.0)