PaneSelector

PaneSelector[{v1expr1,v2expr2,},v]
v が等価であるような を含むペインとして表示されるオブジェクトを表す.

詳細とオプション詳細とオプション

  • PaneSelector[list,Dynamic[v]]は,表示されているペインが動的に更新されるの現行値で指定されると解釈する.
  • のいずれとも等しくない場合,PaneSelectorはデフォルトで空白エリアとして表示される.
  • vのいずれとも等しくない場合,PaneSelector[list,v,def]def として表示される.
  • 次のオプションを与えることができる.
  • Alignment{Automatic,Automatic}表示エリアのオブジェクトをどのように整列させるか
    BackgroundNone使用する背景色
    BaselinePositionAutomatic周囲のテキストのベースラインと何を揃えるか
    BaseStyle{}表示オブジェクトのベーススタイル指定
    ContentPaddingTrue余白をコンテンツの周囲にぴったりになるように縮めるかどうか
    FrameMarginsAutomatic枠全体の内側に残す余白
    ImageMargins0表示されたオブジェクト画像の周囲の余白
    ImageSizeAll表示されたオブジェクトの全体としての画像サイズ
    TransitionDirectionLeft遷移を掃引する方向
    TransitionDuration0.5ペインを切り替える際に使われる視覚効果の持続時間(単位:秒)
    TransitionEffectNoneペインを切り替える際に使われる視覚効果
  • デフォルトのオプション設定ImageSize->Allのとき,PaneSelector は全体のサイズが変わらないように,表示される最大の 分のスペースを取る.
  • ImageSize->Automaticのオプション設定では,PaneSelectorは現在表示されている 分のスペースしか取らない.
  • BaseStyleの設定値は,一般に現行スタイルシートのスタイルで与えられるデフォルトスタイルに加えられる.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (2)  (2)

どちらのペインを表示するかを選ぶ:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

PaneSelectorの状態を動的に更新する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
2007年に導入
(6.0)
| 2012年に修正
(9.0)