Parallelization
This feature is not supported on the Wolfram Cloud.

Parallelization
Compileのオプションで,並列実行が可能なコンパイルされた関数を作成すべきかどうかを指定する.

詳細詳細

  • Parallelizationはコンパイルされた関数の実行の際に適用される.
  • ListableRuntimeAttributesの1つで関数が引数リストに要素単位で適用される場合,コンパイルされた関数は並列でのみ実行される.
  • コンパイルされた関数は複数のスレッドを使って並列実行される.
  • 一般に,使用するスレッド数の決定には$ProcessorCountが使われる.
  • 並列実行されているコンパイルされた関数に一般的なWolfram言語コードを呼び出そうとする複数のスレッドがある場合,呼出しができるのは常に1つのスレッドだけである.
  • 使用可能な設定値
  • True並列コードを作成する
    False単一スレッドのコードを作成する
    Automatic最適な引数に並列化を使う

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (1)  (1)

コンパイルされたリスト可能な関数は並列実行できる:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

以下は順に実行されている操作を示す:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

一般に,使用するスレッド数は$ProcessorCountを使って決められる:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=
2010年に導入
(8.0)