Part

あるいはPart[expr,i]
expr の第 i 部分を与える.


末尾から数える.

またはPart[expr,i,j,]
と同値である.


expr の部分 , , のリストを与える.


m から n までの部分を与える.


m から n までの部分をステップ s で与える.


連想 expr 中のキー に関連する値を与える.

expr[[Key[k]]]
連想 expr 中の任意のキー k に関連する値を与える.

詳細詳細

  • のような割当てを行って,式中の一連の部分のうちの任意の部分を変更することができる. »
  • 式のPart 0の部分は,その式の頭部である.
  • 部分の中の一般的な範囲には次のようなものがある.
  • expr[[m;;]]部分 m から末尾まで
    expr[[;;n]]先頭から部分 n まで
    expr[[;;,j]]j
    expr[[m1;;n1,m2;;n2]]部分行列
  • expr がリストの場合,は,部分のリストを与える.一般に の頭部は部分のリストに適用される. »
  • から,部分のネストしたリストを得ることができる.各々の部分は各リストから1つの指標を持つ.
  • の任意の部分がAllまたはの場合,そのレベルのすべての部分が保存される.
  • リストはPart内では,ExtractMapAtPosition等の関数とは違った方法で使われることに注意.
  • exprSparseArrayオブジェクトのとき,は対応する通常の配列における部分を返す. »
  • 形式 を使って,キーが文字列である連想から値を抽出することができる.expr[[Key[k]]]を使って任意のキーを持つ値を抽出することができる.
  • およびKey[k]は,部分指定のどこにあってもよい.
  • StandardFormInputFormでは,と入力できる.
  • は, Esc[[EscEsc]]Esc,あるいは,\[LeftDoubleBracket]および \[RightDoubleBracket]. と入力できる.
  • StandardFormでは は,または として入力される.

予備知識
予備知識

  • Partは,式の指定された指標付きの部分を与える構造的な関数である.式Part[expr,i]は,短縮形のシンタックス あるいは を使って表されることが多い.Partを使って,リストの部分,部分の数列,行列の要素,行列の行と列等を取り出すことができる.Partは, のように,Setを使って部分に値を割り当てる場合にも使える.
  • Partはリストと使われることが多いが,任意の種類の式に使うことができる.Partを使う場合には,式の部分は指標,指標のリスト,Spanの式,Allのいずれかを使って指定することができる.
  • よく使われるPartの特殊な操作を行うのに便利な関数には,FirstLastTakeDropRestMostがある.Positionを使うと,指定の内容が現れる式の位置を求めることができる.Extractがより特殊化された関数で,与えられたリストで指定された位置にある式の部分を抽出するのに対し,類似関数のDeleteは,指定位置から要素を削除する.
  • 数は少ないが,Partあるいは関連関数を使って,部分式にアクセスしたり分割したりできない部分が含まれる関数もある.その最もよくあるケースはComplexおよびRationalである.例えば,Complex[1,2]等の数の内部表現であり,Rational[1,2]等の数の内部表現である.この特性を持つ関数はアトミックであるとされ,これらにAtomQを適用した場合にはTrueが返される.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (15)  (15)

リストの一部を抽出する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

一連の部分を抽出する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

行列の一部を抽出する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

行列の第2行:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

行列の第2列:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

リストの末尾から2番目の要素:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

部分のリスト:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

キーに対応するAssociationの部分:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

Associationの最初の部分:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

キーに関連する部分:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

Association中の複数の部分を取る:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

キーによって部分を抽出する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

Associationから部分式を抽出する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

部分を再割当てする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

一連の部分を再割当てする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

Partはリストだけでなく,どのような式にも使うことができる:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

Partは常に式のFullFormに対して働く:

In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=
In[5]:=
Click for copyable input
Out[5]//FullForm=
1988年に導入
(1.0)
| 2014年に修正
(10.0)