WOLFRAM言語組込みシンボル

PassEventsDown

PassEventsDown
EventHandlerのオプションで,特定のイベントハンドラで扱ったイベントをより内側にネストしているイベントハンドラに渡すかどうかを指定する

詳細詳細

  • 可能な設定値
  • Trueすべてのイベントをより内側に渡す
    Falseイベントは何も渡さない
    Automatic明示的なEventHandler構文にだけイベントを渡す
  • PassEventsDown->Automaticのときは,編集のようなオペレーションを実装しているWolframシステムのフロントエンドに組込みのイベントハンドラにはイベントは渡されない.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (2)  (2)

デフォルトで,EventHandlerは指定されたイベントをインターセプトする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

PassEventsDownを設定するとグラフィックスの編集がマウスイベントを受け取れるようになる:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
2007年に導入
(6.0)