PieChart3D

PieChart3D[{y1,y2,}]
セクターの角度が , , に比例する3D円グラフを作成する.

PieChart3D[{,wi[yi,],,wj[yj,],}]
セクターの特徴が記号的ラッパー によって決まる3D円グラフを作成する.

PieChart3D[{data1,data2,}]
複数のデータ集合 から3D円グラフを作成する.

詳細とオプション詳細とオプション

  • PieChart3Dのデータ要素で使用可能な形式
  • yi純粋なセクターの値
    Quantity[yi,unit]単位が付いたセクターの値
    wi[yi,],ラッパー のセクター
    formi->miメタデータ のセクター形式
  • 上記形式で与えられていないデータは3D円グラフの作成に際して無視される.
  • PieChart3Dのデータ集合で使用可能な形式
  • {e1,e2,}ラッパーがある,またはない,要素のリスト
    <|k1y1,k2y2,|>キーと値の連想
    TimeSeries[],EventSeries[],TemporalData[]時系列,事象系列,一時データ
    WeightedData[],EventData[]拡張データ集合
    w[{e1,e2,},]データ集合全体にラッパーを適用
    w[{data1,data1,},]すべてのデータ集合にラッパーを適用
  • グラフ要素に使用可能なラッパー
  • Annotation[e,label]注釈を提供する
    Button[e,action]要素がクリックされたときに実行するアクションを定義する
    EventHandler[e,]要素の一般的なイベントハンドラを定義する
    Hyperlink[e,uri]要素がハイパーリンクとして動作するようにする
    Labeled[e,]要素をラベル付きで表示する
    Legended[e,]グラフの説明文の要素の特徴を含む
    Mouseover[e,over]要素がマウスオーバーの形式を示すようにする
    PopupWindow[e,cont]要素にポップアップウィンドウを付ける
    StatusArea[e,label]ステータスエリアに要素の上にマウスが来たことを表示する
    Style[e,opts]指定スタイルで要素を示す
    Tooltip[e,label]要素に任意のツールチップを加える
  • PieChart3DでのLabeledPlacedの可能な名前付きの位置
  • "RadialOuter","RadialCenter","RadialInner"セクター内の位置
    "RadialOutside","RadialInside","RadialEdge"セクター外の位置
    "RadialCallout"コールアウトで示した位置
    {{sθ,sr,sz},{lx,ly}}セクターのスケールされた円柱位置におけるスケールされた位置
  • PieChart3DにはGraphics3Dと同じオプションに以下の追加・変更を加えたものが使える.
  • BoxedFalse境界ボックスを描くかどうか
    BoxRatios{1,1,0.1}境界3Dボックス比
    ChartBaseStyleAutomatic全体的なセクターのスタイル
    ChartElementFunctionAutomaticセクターの生のグラフィックスをどのように生成するか
    ChartLabelsNoneデータ要素とデータ集合のラベル
    ChartLayoutAutomatic使用する全体的なレイアウト
    ChartLegendsNoneデータ要素とデータ集合の凡例
    ChartStyleAutomaticセクターのスタイル
    ColorFunctionAutomaticセクターの彩色方法
    ColorFunctionScalingTrueColorFunctionの引数を正規化するかどうか
    LabelingFunctionAutomaticセクターにどのようにラベルを付けるか
    LegendAppearanceAutomatic全体的な凡例の外観
    Lighting"Neutral"使用する擬似光源
    PerformanceGoal$PerformanceGoal最適化しようとするパフォーマンスの局面
    PlotRangeAutomatic含める値の範囲
    PlotTheme$PlotThemeグラフの全体的なテーマ
    SectorOriginAutomaticセクターの始点
    SectorSpacingAutomaticセクターの間隔
    TargetUnitsAutomaticグラフに表示する単位
    ViewPoint{0,-2.4,2}視点
  • ChartLayoutの使用可能な設定値はである.
  • ChartElementFunction に渡される引数は,データ集合のネストしたリストの各レベルからのセクターの範囲,値 ,メタデータである.
  • ChartElementFunctionの組込み設定のリストはで得ることができる.
  • ColorFunctionに渡される引数は である.
  • PieChart3D内のオプションその他の構造からのスタイルその他の指定は,事実上ChartStyleColorFunctionStyleおよびその他のラッパー,ChartElementFunctionの順に適用される.後ろの指定が前の指定を無効にする.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (4)  (4)

値のリストから円グラフを生成する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

値のリストからドーナツグラフを生成する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

複数のデータ集合から円グラフを生成する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

セクターのスタイルを設定する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

手続き的なセクターを使用する:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
2008年に導入
(7.0)
| 2014年に修正
(10.0)