PixelValue

PixelValue[image,ppos]
位置 pos における image の画素値を与える.

PixelValue[image,ppos,"type"]
指定の型に変換された画素値を与える.

詳細とオプション詳細とオプション

  • 画素位置 ppos は,次の形式のいずれか1つでよい.
  • {x,y}or {x,y,z}2Dあるいは3Dにおける単一位置
    {xmin;;xmax,}位置をスパン
    {ppos1,ppos2,}位置指定のリスト
    markerimageマーカー画像
  • PixelValue[image,{xp,yp}]では,{x,y}が標準的な画像座標系にあると仮定した場合に,画素位置は{xp,yp}={x+1/2,y+1/2}である.ただし,x の値は0から width まで,y の値は0から height までである.
  • PixelValueでは,整数座標は画素の中心に当る.2Dでは,はが左下の画素の中心に,3Dで,が左下手前の画素の中心に当る.
  • PixelValue{xp,yp}に最も近い画素の値を与える.位置{xp,yp}が画素と画素の境界に当る場合は{xp,yp}を囲んでいる画素の平均が返される.
  • ImageValueを使って,標準的な画像座標系の{x,y}における補間された値を抽出する.
  • PixelValue[image,marker]とすると,画像マーカーの非零の画素が,位置のリストとして使われる.
  • PixelValue[image,ppos]はデフォルトで0から1までの値を返す.PixelValue[image,ppos,"type"]を使うと"type"で指定された範囲の画素値が返される.Imageのページに使用可能なすべてのデータ型のリストがある.
  • PixelValue[image,ppos,Automatic]PixelValue[image,ppos,ImageType[image]]に等しい.
  • PixelValueは指定された位置が画像の外側にあるときに使われるPaddingオプションを取ることができる.
2010年に導入
(8.0)
| 2014年に修正
(10.0)