PlotRange

PlotRange
グラフィックス関数に与えるオプションで,プロットに含める座標の範囲を指定する.

詳細詳細

  • PlotRangeは,2Dおよび3Dのグラフィックスに使用することができる.
  • 以下の設定を使用することができる.
  • Allすべての点を含む
    Automatic範囲外の点を落とす
    Fullもとのデータの全範囲を含む
    max各関数(以下参照)の明示的な極限
    {min,max}y(2D)z(3D),配列の値の明示的な極限
    {{xmin,xmax},{ymin,ymax}}xy の明示的な極限
    {{xmin,xmax},{ymin,ymax},{zmin,zmax}}xyz(3D)の明示的な極限
  • 特定の座標について境界が明示されていない場合,Automaticの設定を前提とする.
  • Automatic設定では,座標の値の分布が見出され,この分布から十分遠く外れた点は落とされる.このような点は往々にしてプロットされる関数の特異点の結果作成されたものである.
  • 任意の明示的な限界あるいはのペアを,AllあるいはAutomaticの指定で置き換えることができる.
  • {min,Automatic}のような設定は,座標の特定の最小値を指定し,最大値が自動的に決定されることを指定している.
  • 特定の極大や極小が{Automatic,α}を使って指定されたときは,実質的に,範囲はプロット中の点に対する割合 α を超えたところで切断されなければならない.滑らかな曲線や曲面が描画された場合,点の測定は投影された長さや面積に基づく.
  • Plotおよび関連関数で,関数をプロットするためにもとの入力で決められた範囲を使うように指定するのにFullの設定を使うことができる. »
  • Plot[f,{x,xmin,xmax},PlotRange->Full]とすると,指定された範囲で f の実際の値がプロットされない部分があっても全範囲が使われる.
  • PlotRange->s の設定のときは,以下の範囲が使われる. »
  • Graphics{{-s,s},{-s,s}}
    Graphics3D{{-s,s},{-s,s},{-s,s}}
    Plot{Full,{-s,s}}
    ListPlot および ListLinePlot {Full,{0,s}}
    ParametricPlot および RegionPlot {{-s,s},{-s,s}}
    ContourPlot および ListContourPlot{Full,Full,{-s,s}}
    DensityPlot および ListDensityPlot{Full,Full,{-s,s}}
    ArrayPlot{Full,Full,{0,s}}
    Plot3D および ListPlot3D{Full,Full,{-s,s}}
    ListSurfacePlot3D{{-s,s},{-s,s},{-s,s}}
    ParametricPlot3D および RegionPlot3D{{-s,s},{-s,s},{-s,s}}
    ContourPlot3D および ListContourPlot3D{Full,Full,Full,{-s,s}}
  • AbsoluteOptionsは,Automaticが設定されている場合,PlotRangeの明示された形式の指示を与える.
  • プロットに含める座標の最終的な絶対範囲はPlotRange自体およびPlotRangePaddingによって決定される.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (3)  (3)

範囲外の点は自動的に落とされる:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

の範囲を明示的に選ぶ:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

の範囲を明示的に選ぶ:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

すべての既存の点を示すように範囲を選ぶ:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

完全な , の範囲を使う:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
1988年に導入
(1.0)
| 2007年に修正
(6.0)