Point

Point[p]
p における点を表す,グラフィックスおよび幾何学のプリミティブである.

Point[{p1,p2,}]
点の集合を表す.

詳細とオプション詳細とオプション

  • Pointは,幾何学領域あるいはグラフィックスプリミティブとして使うことができる.
  • Pointは,GraphicsおよびGraphics3Dで使うことができる.
  • グラフィックスでは,点 は,ScaledOffsetImageScaledDynamicの式でよい.
  • グラフィックスの描画は,PointSizeや色等の指示子の影響を受ける.
  • グラフィックスで使用可能なオプションと設定値
  • VertexColorsNone頂点の色
    VertexNormalsNone陰影付けのための有効な頂点の法線

予備知識
予備知識

  • Pointは,幾何学的な点を表すグラフィックスおよび幾何学上のプリミティブである. 次元空間におけるPointの位置は, 個の直交座標値からなるリスト引数として指定される.RegionEmbeddingDimensionを使って,与えられたPoint式について次元 を特定することができる.点の集合は,単一のPointプリミティブ(マルチポイント)内の 個のタプルのリストとして表すことができる.Pointオブジェクトの座標の値は厳密値でも近似値でもよい.
  • GraphicsおよびGraphics3Dを使って,Pointオブジェクトをそれぞれ二次元および三次元で視覚的にフォーマットすることができる.Pointオブジェクトは,GeoGraphicsおよびGeoPositionを使って地理学的な地図で使うこともできる(例:GeoGraphics[Point[GeoPosition[{38.9,-77.0}]]]).Pointは計算が行われる領域の指定としても使うことができる.
  • 点自体の次元は(RegionDimension関数によって表される通り)0であるが,フォーマットされたグラフィックス式中のPointオブジェクトは,デフォルトで,0次元の数学的点よりも大きく見えるようにスタイル付けされる.さらに,グラフィカルな可視化においては,視点からの距離による大きさの違いとは無関係に,点は同じ大きさで表示される.グラフィックスにおけるPointオブジェクトの外観は,PointSizeAbsolutePointSize等の大きさの指示子,Red等の色指示子,透過性指示子Opacity,スタイルオプションAntialiasingを指定することで変更できる.また,複数の点の色はVertexColorsを使って指定することができ,Graphics3D内の複数の点の陰影付けやシミュレーションによる照明はVertexNormalsを使って指定することができる.
  • GeometricTransformationや,より明確な変換関数のTranslateおよびRotateを使って,もとになっているPoint式を変更せずにPointオブジェクトが表示される点の座標を変えることができる.
  • CircleDiskSphereBall等の他のグラフィックスプリミティブは,スタイル付けされたPointオブジェクトに似ていることがある.Locatorは,グラフィック中のドラッグ可能なロケータオブジェクトを表す点状のインタラクグィブなオブジェクトである.
  • Pointプリミティブはグラフィックスおよび幾何学領域を指定する式の中に明示的に現れるが,座標は通常Wolfram言語の他のコンテキスト中では単なるリストとして表されるので注意が必要である.このタイプの例には,他のグラフィックスプリミティブ中の座標指定(例:Line[{{0, 0},{1,1}}]),Locatorの引数(例:Graphics[Locator[{0,2}]]),あるいはNearestを使った最近点の計算等がある.多くの関数(例:RegionNearestRegionCentroidArgMinArgMax)もまた,明示的なPointオブジェクトではなく座標のリストを返す.SolveNSolve等は,解の「点」を変数置換規則のリスト(例:)として返す.
1988年に導入
(1.0)
| 2014年に修正
(10.0)