PopupView

PopupView[{expr1,expr2,}]
項目が であるポップアップメニューとして表示されるオブジェクトを表す.

PopupView[{expr1,expr2,},i]
i 番目の項目が現在選択されている項目になるようにする.

PopupView[{expr1,expr2,},i,base]
クリックされていないときは として表示する.

詳細とオプション詳細とオプション

  • PopupView[list,Dynamic[i]]は,動的に更新された i の現行値で指定されるように選択された項目を取る.i の値は違う項目が選ばれるとリセットされる.
  • 次のオプションを与えることができる.
  • AlignmentAutomatic表示エリア内のオブジェクトの配置方法
    BaselinePositionBaseline周囲のテキストとの相対的な位置付け
    BaseStyle{}表示されたメニューのベーススタイル指定
    EnabledAutomaticメニューを有効にするか,灰色(無効)にするか
    FieldSize{{1.,50.},{1.,10.}}メニュー項目のフィールドの大きさ
    FrameMarginsAutomaticメニューの枠の内側の余白
    ImageMargins0表示されたメニューの周囲の余白
    ImageSizeAll表示されたメニューの全体的な画像サイズ
    ContentPaddingTrue余白をコンテンツの周りぎりぎりまで縮めるかどうか
  • デフォルトのオプション設定のImageSize->Allでは,PopupViewは常に最大の が表示できるだけのスペースを残し,全体的な大きさが変わらないようにする.
  • ImageSize->Automaticとすると,PopupViewは現在表示されている 分のスペースしか残さない.
  • Itemを使って,メニュー項目全体に適用されるスタイル指定をすることができる.
  • PopupViewはデフォルトで,スタイルで表示する.これには一般にシステムのメニューフォントが使用される.
  • デフォルト設定のBaselinePosition->Baselineでは,PopupViewのベースラインは現行表示項目のベースラインと同じであるとみなされる.
  • BaseStyleの設定値は,一般に現行スタイルシートのスタイルで与えられるデフォルトスタイルに加えられる.
2007年に導入
(6.0)
| 2010年に修正
(8.0)