PositiveDefiniteMatrixQ

PositiveDefiniteMatrixQ[m]
m が明示的に正定値である場合はTrueを,それ以外の場合はFalseを返す.

詳細詳細

  • 行列 m は,すべての非零のベクトル x についてConjugate[x].m.x>0であれば,正定値行列である.
  • PositiveDefiniteMatrixQは数値行列と記号行列の両方に使うことができる.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (1)  (1)

行列が明示的に正定値行列であるかどうかの検定を行う:

In[1]:=
Click for copyable input
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

これは,すべてのベクトル について二次形式が であることを意味している:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=
2007年に導入
(6.0)