QuantilePlot

QuantilePlot[list]
list の分位点と正規分布の分位点を比較するプロットを生成する.

QuantilePlot[dist]
分布 dist の分位点と正規分布の分位点を比較するプロットを生成する.

QuantilePlot[data,rdata]
datardata の分位点を比較するプロットを生成する.

QuantilePlot[data,rdist]
data の分位点と記号分布 rdist の分位点を比較するプロットを生成する.

QuantilePlot[{data1,data2,},ref]
の分位点と基準分布 ref の分位点を比較するプロットを生成する.

詳細とオプション詳細とオプション

  • QuantilePlot[data1,data2]は実数値のデータ集合か一変量記号分布である に使うことができる.
  • QuantilePlot用のデータは次の形式で与えることができる.
  • {e1,e2,}ラッパーがある/ない要素のリスト
    <|k1y1,k2y2,|>キーと長さの連想
    TimeSeries[],EventSeries[],TemporalData[]時系列,事象系列,一時データ
    WeightedData[],EventData[]拡張データ集合
    w[{e1,e2,},]データ集合全体に適用されたラッパー
    w[{data1,data1,},]すべてのデータ集合に適用されたラッパー
  • データ集合 list には経験的分位点が使われ,記号分布 dist には厳密な分位点が使われる.
  • 記号母数 を持つQuantilePlot[data,dist[θ1,]]QuantilePlot[data,EstimatedDistribution[data,dist[θ1,]]]に等しい.
  • または の形式で結果のグラフィッスプリミティブに適用するラッパー w を与える.
  • 使用可能なラッパー
  • Annotation[e,label]注釈を与える
    Button[e,action]要素がクリックされたときに実行されるアクションを定義
    EventHandler[e,]要素の一般的なイベントハンドラを定義
    Hyperlink[e,uri]要素をハイパーリンクにする
    PopupWindow[e,cont]要素にポップアップウィンドウを付加
    StatusArea[e,label]要素上にマウスが置かれたときにステータスエリアに表示
    Style[e,opts]指定のスタイルで要素を表示
    Tooltip[e,label]要素に任意のツールチップを付加
  • QuantilePlotにはGraphicsと同じオブションに以下の追加・変更を加えたものが使える.
  • AspectRatio1/GoldenRatio縦横比
    ClippingStyleAutomatic曲線が切断された箇所に何を描くか
    ColorFunctionAutomatic曲線の彩色をどのように決めるか
    ColorFunctionScalingTrueColorFunctionの引数をスケールするかどうか
    FillingNone各曲線の下に挿入する塗潰し
    FillingStyleAutomatic塗潰しに使用するスタイル
    JoinedAutomatic点を繋ぐかどうか
    MeshNone各曲線にいくつのメッシュ点を描くか
    MeshFunctions{#1&}メッシュ点の置き方をどう決めるか
    MeshShadingNoneメッシュ点の間の領域にどのように陰影を付けるか
    MeshStyleAutomaticメッシュ点のスタイル
    MethodAutomatic使用するメソッド
    PerformanceGoal$PerformanceGoal最適化しようと試みるパフォーマンスの局面
    PlotLegendsNoneデータ点の凡例
    PlotMarkersNoneデータ集合の各点を示すためのマーカー
    PlotRangeAutomatic含める値の範囲
    PlotRangeClippingTrueプロット範囲で切断するかどうか
    PlotStyleAutomatic各オブジェクトのスタイルを指定するグラフィックス指示子
    PlotTheme$PlotThemeプロットの全体的なテーマ
    ReferenceLineStyleAutomatic基準線のスタイル
    ScalingFunctionsNone個々の座標をどのようにスケールするか
    WorkingPrecisionMachinePrecision記号分布の内部計算に使う精度
  • Filling->Automaticのとき,データ集合と基準線の間は塗り潰される.デフォルトで,データ集合には「ステム」が,記号分布には「固体」塗潰しが使われる.Joined->Trueと設定するとデータ集合にも「固体」が使われるようになる.
  • MeshFunctionsRegionFunctionの関数に渡される引数は である.ColorFunctionの関数には,デフォルトでこれらの引数のスケールされたものが渡される.
  • JoinedAutomaticは,2つの分布を比較している場合はJoinedTrueに等しく,その他の場合はJoinedFalseに等しい.
  • PlotStyle->Automaticと設定すると異なる線には一連の異なるプロットスタイルが使われる.
  • ReferenceLineStyle->Noneとすると,基準線は描かれない.
  • PlotLegendsのよく使われる設定値
  • None凡例は使わない
    Automatic凡例を自動的に決定する
    {lbl1,lbl2,}, , を凡例ラベルとして使う
    Placed[lspec,]凡例の置き方を指定する
  • ScalingFunctions->{sx,sy}では, 座標は を使ってスケールされ, 座標は を使ってスケールされる.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (5)  (5)

データと正規分布を比較する:

In[1]:=
Click for copyable input
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

データを特定の分布と比較する:

In[1]:=
Click for copyable input
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

データを推定分布と比較する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

2つのデータ集合を比較する:

In[1]:=
Click for copyable input
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

いくつかのデータ集合を比較し凡例を加える:

In[1]:=
Click for copyable input
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
2010年に導入
(8.0)
| 2014年に修正
(10.0)