RadioButtonBar

RadioButtonBar[x,{val1,val2,}]
設定が x で,値 のラベルが付いた丸ボタンを持つ丸ボタンバーを表す.

RadioButtonBar[Dynamic[x],{val1,val2,}]
設定値を動的に更新された x の現在値とする.x の値は丸ボタンが押されるたびにリセットされるものとする.

RadioButtonBar[x,{val1lbl1,val2lbl2,}]
その中の値 を与える丸ボタンにラベル が付けられている丸ボタンバーを表す.

詳細とオプション詳細とオプション

  • および は,文字列,ボックス,グラフィックス,あるいは動的な式を含むいかなる式でもよい.
  • RadioButtonBar[x,list]では,Delimiterlist の要素として使い,表示された丸ボタンバーの垂直区切りに指定することができる.
  • 次のオプションを使うことができる.
  • AppearanceAutomatic丸ボタンバーの全体的な外観
    BackgroundAutomatic使用する背景色
    BaselinePositionAutomatic周囲のテキストとの相対的な並べ方
    BaseStyle{}各丸ボタンバーのベーススタイル指定
    EnabledAutomatic丸ボタンバーを有効にするか,無効(灰色)にするか
    ImageMargins0表示された丸ボタンバーの周囲の余白
    LabelStyle{}ラベルのスタイル指定
  • Appearanceの可能な設定値には次のようなものがある. »
  • "Horizontal"水平方向に等間隔
    "Vertical"垂直方向に等間隔
    "Row"テキストのように並べ,改行も行う
  • Appearance->"Vertical"->{h,w}は,指定された行数,列数の格子上にコントロールを表示する.各列は垂直方向に順に埋められる.Appearance->"Horizontal"->{h,w}とすると,行を水平方向に埋める.
  • h あるいは w の1つがAutomaticの場合は,コントロールが結果の格子にフィットするような最小の数であるとみなされる.hw の両方がAutomaticであれば,格子の行数と列数がほぼ同じになるように計算が行われる.
  • Method->"Active"とすると,各項目の有効範囲に対応するラベルも含まれるようになる.
  • BaseStyleLabelStyleの設定値は,一般に現行スタイルシートの スタイルとスタイルで与えられるデフォルトスタイルに加えられる.
2007年に導入
(6.0)
| 2008年に修正
(7.0)