RandomChoice

RandomChoice[{e1,e2,}]
の一つを擬似乱数的に選ぶ.

RandomChoice[list,n]
個の擬似乱数的選択のリストを与える.

RandomChoice[list,{n1,n2,}]
擬似乱数的選択の ××配列を与える.

RandomChoice[{w1,w2,}{e1,e2,}]
で重みを付けた擬似乱数的選択を与える.

RandomChoice[wlistelist,n]
n 個の重みを付けた選択のリストを与える.

RandomChoice[wlistelist,{n1,n2,}]
重みを付けた選択の ××配列を与える.

詳細詳細

  • RandomChoice[{e1,e2,}]は,すべてのから等確率で選択する.
  • RandomChoiceは,Wolfram言語を実行するたびに擬似乱数的選択の異なる列を与える.SeedRandomを使って特定のシードで始めることができる.
  • 使用する擬似乱数発生アルゴリズムを指定するために,SeedRandomMethodオブションを与えることができる.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (4)  (4)

のいずれかをランダムに選ぶ:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

20個のランダム選択からなるリスト:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

ランダム選択の4×3配列:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

確率で重みを付けた選択:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

重みは自動的に正規化される:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
2007年に導入
(6.0)