RandomVariate

RandomVariate[dist]
記号分布 dist から変量を擬似乱数で与える.

RandomVariate[dist,n]
記号分布 dist から n 個の擬似乱数変量のリストを与える.

RandomVariate[dist,{n1,n2,}]
記号分布 dist から変量の 配列を擬似乱数で与える.

詳細とオプション詳細とオプション

  • RandomVariateは,記号分布として指定された連続分布,離散分布,混合分布の確率変量を生成することができる.
  • RandomVariateは,Wolfram言語を実行するたびに擬似乱数の異なる数列を与える.SeedRandomを使って特定のシードから始めることができる.
  • WorkingPrecision->p と設定すると,精度 p の乱数が生成される.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (5)  (5)

連続確率分布のシミュレーションを行う:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

離散確率分布のシミュレーションを行う:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

多変量連続分布のシミュレーションを行う:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

多変量離散分布のシミュレーションを行う:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

混合分布から乱数を生成する:

In[1]:=
Click for copyable input
In[2]:=
Click for copyable input
In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=
2010年に導入
(8.0)