Rasterize

Rasterize[g]
のラスタライズした画像を返す.

Rasterize[g,elem]
のラスタライズした形式に関連した要素 elem を与える.

詳細とオプション詳細とオプション

  • は明示的にグラフィックスである必要はなく,テキスト,セルあるいは任意の式でよい.
  • 可能な基本要素には,次のようなものがある.
  • "BoundingBox"ラスターの境界ボックス情報
    "Data"ラスターでの画素値の配列
    "Graphics"ラスターを表すグラフィックスオブジェクト
    "Image"ラスターを表す画像オブジェクト
    "RasterSize"ラスターの画素による幅と高さ
    "Regions"Annotation構文で指定された範囲
  • Rasterize[g]Rasterize[g,"Graphics"]に等しく,ノートブック中に g のラスタライズしていない表示を近似する方法で,同じ画像サイズで表示する.
  • Rasterizeには次のオプションが設定できる.
  • BackgroundAutomatic使用する背景
    BaselinePositionAutomatic周囲のテキストのベースラインとどのように揃えるか
    ImageFormattingWidth$ImageFormattingWidthラスタライズする式のラッピング幅
    ImageResolutionAutomaticラスタライズのためのdpiによる画像解像度
    ImageSizeAutomaticプリンタ用ポイント数による最終的な表示画像サイズ
    RasterSizeAutomaticラスタライズのための画素によるラスターサイズ
  • RasterSizeおよびImageResolutionはどの程度の粗さでラスターにするのかを決定する.ImageSizeは最終的な画像が表示される大きさを決定する.
  • RasterSizeに明示的な設定値が与えられている場合,それは,ImageResolutionの明示的な設定値に優先する.
  • RasterSizeあるいはImageResolutionの設定値が小さいとき,グラフィックスは粗くなり,テキストは読めなくなることがある.エイリアスに関しての,不可逆圧縮に伴う副作用があることもある.
  • RasterizeでのImageSizeBackgroundの設定値は,g におけるそれらのいかなるオプションにも優先する.
  • Background->Noneは透過的な背景のラスターを返す.
  • 明示的な大きさや解像度のオプションが設定されていない場合,Rasterize[g,]は通常ノートブックで表示される大きさと解像度で g をラスタライズする.
  • Rasterize[g,"RasterSize"]を返す. ここで,w はラスターの画素による全体的な幅であり,h は全体的な高さである.
  • Rasterize[g,"BoundingBox"]を返す.ここで,w は全体的な幅,h は全体的な高さであり,dhg のコンテンツのベースラインの境界ボックスの底からのオフセットである.
  • Rasterizeによって生成されるラスターは,主にフォントやアンチエイリアス処理の相違のために,コンピュータシステムによって若干異なることがある.
  • Rasterize[g,"BoundingBox"]の結果は,一般にコンピュータシステムによって異なるフォントの測定基準に依存することがある.
  • Rasterize[g,"Regions"]は規則のリストをの形式で与える.ここで,それぞれの規則,gAnnotation[expr,ai,typei]の形式の注釈,あるいはHyperlinkTooltip等によって自動的に注釈と認識されるオブジェクトに関連している.形式の画素位置を与える.この y 座標はHTMLの座標属性のように下から上に渡るものとする.
  • Notebook式は,ある意味では,ノートブックがフロントエンドで表示される方法をまねてラスタライズされる.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (3)  (3)

15画素幅の円板の画像をラスタライズする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

75画素幅のテキストのラスターを作成し,それを200画素幅で表示する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

3Dグラフィックスを淡黄色の背景付きで36dpiにラスタライズする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
2007年に導入
(6.0)
| 2014年に修正
(10.0)