RealDigits

RealDigits[x]
近似実数 における桁と小数点の左にある桁数とのリストを与える.

RealDigits[x,b]
における 進数の桁のリストを与える.

RealDigits[x,b,len]
桁のリストを与える.

RealDigits[x,b,len,n]
の係数から始まる 桁を与える.

詳細詳細

  • RealDigitsは,標準的な位取り記数法と同じように最上位桁から返す.
  • RealDigits[x]は,通常Round[Precision[x]]に等しい長さの桁のリストを返す.
  • RealDigits[x]RealDigits[x,b]では,通常 xNで返されるような近似実数であることが要求される.RealDigits[x,b,len]は厳密な数値にも適用する.
  • 終端桁を拡張した整数や有理数に対しては,RealDigits[x]は通常の桁数リストを返す.無限桁数を拡張した有理数に関してはに続いて が無限に繰り返されるの形式のリストを返す. »
  • lenPrecision[x]/Log[10,b]よりも大の場合,剰余の桁はIndeterminateとして満たされる.
  • RealDigits[x,b,len,n]は,必要に応じてゼロで打ち切り,または埋め合せた係数 である桁から開始する. »
  • RealDigits[x,b,len,-1]は,における b 進数の小数点の右側にある桁から開始する.
  • RealDigits[x,b,Automatic,n]は,固定精度数内で可能な限り多くの桁を返す.
  • RealDigits[x,b]における底 は,整数である必要はない. b>1のような任意の実数の b について,RealDigits[x,b]は負でない剰余を残し除去することができる b のベキの最大の整数倍数を求める.
  • RealDigits[x]x の符号を放棄する.
  • RealDigits[0.]{{0},-Floor[Accuracy[0.]]}を返す.
  • FromDigitsRealDigitsの逆として使われる.
1991年に導入
(2.0)
| 2007年に修正
(6.0)