RecurrenceTable

RecurrenceTable[eqns,expr,{n,nmax}]
帰納式 eqns を解くことに基づいて連続する n について expr の値のリストを生成する.

RecurrenceTable[eqns,expr,nspec]
nspec で指定された n の値の範囲で expr の値のリストを生成する.

RecurrenceTable[eqns,expr,{n1,},{n2,},]
連続する, , について expr の値の配列を生成する.

詳細とオプション詳細とオプション

  • eqns は指定された範囲における解が与えられた初期値または境界値によって完全に決定できる帰納式でなければならない.
  • eqns という形式のオブジェクトを含むことができる.ただし,i は任意の固定された整数である.
  • 範囲指定 nspecTableで使われている任意の形式持つことができる.
  • 使用可能なオプション
  • DependentVariablesAutomaticすべての従属変数のリスト
    MethodAutomatic使用するメソッド
    WorkingPrecisionAutomatic内部計算に使用する精度
  • DependentVariables->Automaticのとき,RecurrenceTableは与えられた方程式を分析することで従属変数を決定しようとする.
  • WorkingPrecision->Automaticとすると,厳密な入力の結果は厳密に計算され,厳密ではない入力の精度は反復ごとに適応的に決定される.
  • WorkingPrecision->p とすると,すべての反復に固定精度 p が使われる.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (4)  (4)

一階差分方程式の初期値問題を解く:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

最初のいくつかのフィボナッチ(Fibonacci)数を求める:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

平面の非線形写像の進化を調べる:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]//Short=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

第一種スターリング(Stirling)数の表を計算する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
2008年に導入
(7.0)