旧バージョンの WOLFRAM言語シンボル

RenderAll

バージョン6.0で,Mathematica におけるグラフィックスの記号的表示では使われなくなった.


Graphics3Dに与えるオプションで,すべての多角形にPostScriptが作成されるべきかどうかを指定する.

詳細詳細

  • RenderAll->Falseでは,最終的な絵で見ることができるタック木,または多角形の部分に限定してPostScriptを作成する.
  • RenderAll->Trueでは,すべての多角形にPostScriptが作成される.後方に位置する多角形のPostScriptは,前方のものに先駆けて与えられる.PostScriptが増分しながら表示される場合,後方のものから順にオブジェクトが描かれていく様子を見ることができる.
  • RenderAll->Falseと設定することで,通常,小さなPostScriptコードが作成されるが,実行時間は長くなる傾向がある.
  • PostScriptコードや描画システムでの端数の数値的処理により,多少の差異が見られることがある.
1988年に導入
(1.0)