ReplacePart

ReplacePart[expr,inew]
expr 番目の部分が に置き換えられるような式を与える.

ReplacePart[expr,{i1new1,i2new2,}]
位置 の部分を に置き換える.

ReplacePart[expr,{i,j,}new]
位置の部分を置き換える.

ReplacePart[expr,{{i1,j1,}new1,}]
位置の部分を に置き換える.

ReplacePart[expr,{{i1,j1,},}new]
位置のすべての部分を new に置き換える.

ReplacePart[inew]
式に適用可能なReplacePartの演算子形を表す.

詳細とオプション詳細とオプション

  • 明示的な負の部分番号は末尾から数える. »
  • 位置の部分の指定はパターンでもよい.
  • 実質的に,各パターンはexpr 中の部分の部分番号の各リストと照らし合される.
  • 明示的なリストではない(例えばのような)パターンp{p}として扱われる.
  • パターンはさまざまな長さの位置指定を表すのような構造を含むことができる.
  • ReplacePart[expr,i:>new]は,評価せずに部分を置換するのに使うことができる.のような規則がある場合は,patt にマッチする各位置で が別々に評価される.
  • デフォルトのオプション設定のHeads->Automaticのとき,頭部は対応する位置指定が明示的にのときにのみ置換される.
  • Heads->Trueでは,頭部は対応する位置指定がにマッチするときは常に置換される.
  • Heads->Falseのときは,頭部は置換されない.
  • ReplacePartSparseArrayオブジェクトに適用することができる.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (5)  (5)

部分3を置換する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

部分2と5を置換する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

配列の部分を置換する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

各部分のうちその位置がパターンにマッチするものを置換する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

任意の式の部分を置換する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
1991年に導入
(2.0)
| 2014年に修正
(10.0)