Return

Return[expr]
関数からの値 expr を返す.

Return[]
値としてNullを返す.

詳細詳細

  • Return[expr]は,関数の定義の中にある制御構造から脱出し,関数全体の値 expr を与える.
  • Returnは,評価され次第に有効になる.これは他の関数の内部に現れても同じである.
  • ReturnScanのような関数内で使うことができる.
1988年に導入
(1.0)
| 1996年に修正
(3.0)