WOLFRAM言語組込みシンボル

RoundingRadius

RoundingRadius
RectangleFramedおよび関連関数のオプションで,角丸を描画するための円の半径を指定する.

詳細詳細

  • RoundingRadius->r では,角が半径 r の1/4円で描かれる.
  • グラフィックスでは,半径は次のように指定できる.
  • r通常の座標における距離 r
    Scaled[s], ImageScaled[s]グラフィックスと s の割合
    Offset[d]d 印刷用ポイント数
  • Framedのような構造では,RoundingRadius->r は常に半径を絶対的な印刷用ポイント数で指定する.
  • RoundingRadius->{rx,ry}では, 方向と 方向で丸みのために別々の半径が使われる.
  • RoundingRadius->0とすると,角に丸みは付けられない.
  • 任意の角に使われる実質的な半径は各隣接辺の長さの半分に限定される.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (2)  (2)

角丸を指定する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

角丸の枠を持つオブジェクト:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
2008年に導入
(7.0)