RuntimeAttributes

RuntimeAttributes
Compileのオプションで,作成するコンパイルされた関数の属性を指定する.

詳細詳細

  • RuntimeAttributesはコンパイルされた関数の実行の際に適用される.
  • RuntimeAttributesの可能な設定値はListableである.
  • RuntimeAttributes->Listableは事実上組込み関数のListable属性に等しい.
  • Listable属性を有するコンパイルされた関数がその引数指定にマッチするときは,その関数は通常の方法で実行される.
  • Listable属性を有するコンパイルされた関数が指定より階数の高い引数を受け取った場合,その関数はそれらの引数に縫い込まれる.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (3)  (3)

次でコンパイルされたリスト可能な関数を作成する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

これは一般的な方法で1つの入力に適用される:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

引数に入力指定にマッチしないリストが含まれる場合,その入力は引数に関数を縫い込む:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

このコンパイルされた関数はリストできない:

In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=

引数指定がマッチしないとエラーになる:

In[5]:=
Click for copyable input
Out[5]=

分岐がある場合,リスト可能性には下に示してあるようにFunctionを使って関数を定義することが必要になる:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

コンパイルされたリスト可能な関数は同じことをはるかに速く行う:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

コンパイルされたリスト可能な関数は並列実行することで,マルチコアのマシンでさらに速く実行することができる:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
2010年に導入
(8.0)