SamplingPeriod

SamplingPeriod
StateSpaceModel等のオプションでサンプリング周期を指定する.

詳細詳細

  • デフォルト設定のSamplingPeriod -> Automaticは連続時間系を指定する.
  • SamplingPeriod->τ はサンプリング周期が τ の離散時間系を指定する.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (3)  (3)

サンプリング周期1の離散時間伝達関数:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

サンプリング周期 τ の離散時間状態空間モデル:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

数値を指定する:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

連続時間系:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
2010年に導入
(8.0)