SchurDecomposition

SchurDecomposition[m]
リスト{q,t}として与えられる数値的行列 m のシューア(Schur)分解を作成する.ただし q は正規直交行列,そして t は,上三角のブロック行列とする.

SchurDecomposition[{m,a}]
ma についての一般化されたシューア分解を返す.

詳細とオプション詳細とオプション

  • もとの行列 m は,q.t.Conjugate[Transpose[q]]と等しい. »
  • 行列 m は正方形でなければならない.
  • SchurDecomposition[m,Pivoting->True]は,リスト{q,t,d}を作成する.ただし,dm.dd.q.t.Conjugate[Transpose[q]]と等しい置換された対角行列とする. »
  • SchurDecomposition[{m,a}]は行列のリスト{q,s,p,t}を与える.ただし,qp は正規直交行列,st は上三角行列であり,mq.s.Conjugate[Transpose[p]]によって与えられ,aq.t.Conjugate[Transpose[p]]によって与えられるものとする. »
  • 実数値配列 m の場合,RealBlockDiagonalForm->Falseのオプション設定をすると t 行列の対角上に複素数を置くことができる.
1991年に導入
(2.0)
| 2008年に修正
(7.0)
Translate this page: