SetDelayed


の遅延型の値として設定する.は,未評価の形式で維持される.が現れると,で置き換えられて,その都度評価される.

詳細詳細

  • SetDelayedは属性HoldFirstではなくHoldAllを持つ.
  • の形式の割当てをすることができる.ただし,は,それぞれの変換規則の条件や適用性を与える.同じ について複数の割当てを与えることができるが,この場合,の形式を変えて与える.
  • は,指定された割当てが実行可能な場合にはNullをその他の場合には$Failedを与える.
1988年に導入
(1.0)