ShrinkingDelay

ShrinkingDelay
動的オブジェクトのオプションであり,オブジェクトが表示される領域のサイズを実際のオブジェクトの大きさまで縮めるまでの遅延時間を指定する.

詳細詳細

  • ShrinkingDelay->t の場合は,最長で 秒遅延される.
  • ShrinkingDelay->0の場合,表示領域のサイズ変更は常に即座に行われる.
  • ShrinkingDelay->Infinityの場合,表示領域のサイズ変更は行われず,表示領域の大きさはそのセッションを通して同じ大きさになる.
  • ShrinkingDelay->Automaticは,Animate等の関数で使われ,アニメーションの間に領域を縮めないように指定する.
  • ShrinkingDelayは,幅と高さの両方に適用される.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (1)  (1)

動的表示範囲を縮めるまでの遅延時間を指定する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
2007年に導入
(6.0)