旧バージョンの WOLFRAM言語シンボル

SingularValues

2003年にリリースされたバージョン5.0で,SingularValueListSingularValueDecompositionに置き換えられた.

SingularValues[m]
数値的な行列 の特異値分解を与える.この結果はリストで, は特異値のリスト,そして Conjugate[Transpose[u]]. DiagonalMatrix[w].v と書くことができる.

詳細とオプション詳細とオプション

  • SingularValues[m,Tolerance->t]は,t と最大の特異値の積より小さい特異値を除去することを指定する.
  • デフォルト設定Tolerance->Automaticは通常 と取る.ただし, は入力の数値精度である.
  • Tolerance->0では,厳密にゼロの特異値は返される.
  • は行直交の行列で,直交ベクトルのリストとみなすことができる.
  • 最大と最小の特異値の比は 条件数を与える.
1988年に導入
(1.0)