Slider2D

Slider2D[{x,y}]
設定値 x y が0から1の範囲にある2Dスライダーを表す.

Slider2D[Dynamic[pt]]
pt の動的に更新された現行値をその設定値とする.スライダーが動かされると pt の値はリセットされる.

Slider2D[pt,{min,max}]
各方向に min から max の範囲にある2Dスライダーを表す.

Slider2D[pt,{min,max,d}]
各方向にステップ d でジャンプする2Dスライダーを表す.

Slider2D[pt,{{xmin,ymin},{xmax,ymax}}]
x 方向と y 方向で異なる範囲を指定する.

Slider2D[pt,{{xmin,ymin},{xmax,ymax},{dx,dy}}]
dx, dy のジャンプを使う.

詳細とオプション詳細とオプション

  • Slider2D[]は,ノートブックにインタラクティブに操作でき,水平方向にも垂直方向にも動かすことができる2Dスライダーを表示する.
  • Slider2D[Dynamic[pt]]は,スライダーが動かされると pt の値をリセットする.Slider2D[pt]はリセットしない.
  • Slider2D[pt,{nmin,nmax,dn}]は,nmin dn が整数のときは整数位置にジャンプする.
  • Slider2D[pt,{rmin,rmax,dr}]は,一般に,Range[rmin,rmax,dr]で与えられる位置にジャンプする.
  • Slider2D[pt,{{xmin,ymin},{xmax,ymax},{dx,dy}}]で,dx または dy は,対応する方向の設定が連続的であることを示す0でもよい.
  • Slider2D中の座標はGraphicsのデフォルトと同じ方向に,すなわち,x は左から右に,y は下から上に動く.
  • Slider2D[pt,{{xmin,ymax},{xmax,ymin}}]は,ymax > yminのときは,y が上から下に動くスライダーを表す.
  • 2Dスライダーの値が与えられた範囲外のとき,その値は辺のどれか1つに表される.
  • 以下のオプションを与えることができる.
  • AppearanceAutomatic2Dスライダーの全体的な外観
    AutoActionFalseマウスが上に来たときに2Dスライダーを自動的に動かすかどうか
    BaselinePositionAutomatic周囲のテキストのベースラインとの並べ方
    BaseStyle{}2Dスライダーのベーススタイル指定
    ContinuousActionTrueスライダーが動かされるたびに継続的に更新するかどうか
    EnabledAutomatic2Dスライダーを有効にするか,灰色(無効)にするか
    Exclusions{}除外すべき特定の点
    ImageMargins0表示された2Dスライダー画像の周りの余白
    ImageSizeAutomatic表示された2Dスライダーの全体的な画像サイズ
  • BaseStyleの設定値は,一般に現行スタイルシートの"Slider2D"スタイルで与えられるデフォルトスタイルに加えられる.
  • Slider2D[]Slider2D[{0.5,0.5}]と等価である.
2007年に導入
(6.0)
Translate this page: