SmoothHistogram

SmoothHistogram[{x1,x2,}]
xiの平滑化カーネルヒストグラムをプロットする.

SmoothHistogram[{x1,x2,},espec]
推定器指定 espec で平滑化カーネルヒストグラムをプロットする.

SmoothHistogram[{x1,x2,},espec,dfun]
分布関数 dfun をプロットする.

SmoothHistogram[{data1,data2,},]
複数のデータ集合 dataiについて平滑化カーネルヒストグラムをプロットする.

詳細とオプション詳細とオプション

  • SmoothHistogram[data]はデフォルトで,平滑化カーネル密度推定に基づいて{x1,x2,}の確率密度関数をプロットする.
  • SmoothHistogramについてのデータは次の形式で与えることができる.
  • {e1,e2,}ラッパーがある/ない要素のリスト
    <|k1y1,k2y2,|>キーと長さの連想
    TimeSeries[],EventSeries[],TemporalData[]時系列,事象系列,一時データ
    WeightedData[],EventData[]拡張データ集合
    w[{e1,e2,},]データ集合全体に適用されたラッパー
    w[{data1,data1,},]すべてのデータ集合に適用されたラッパー
  • 推定器指定 espec の形式は bw あるいは{bw,kernel}でよい.
  • 帯域幅指定 bwkernelSmoothKernelDistributionにおける場合と同じである.
  • 使用可能な分布関数 dfun
  • "PDF"確率密度関数
    "Intensity"計数密度関数
    "CDF"累積分布関数
    "SF"生存関数
    "HF"ハザード関数
    "CHF"累積ハザード関数
  • 形式 w[data]は結果のグラフィックスプリミティブに適用するラッパー w を与える.
  • 使用可能なラッパー
  • Annotation[e,label]注釈を与える
    Button[e,action]要素がクリックされたときに実行されるアクションを定義
    EventHandler[e,]要素の一般的なイベントハンドラを定義
    Hyperlink[e,uri]要素をハイパーリンクにする
    PopupWindow[e,cont]要素にポップアップウィンドウを付加
    StatusArea[e,label]要素上にマウスが置かれたときにステータスエリアに表示
    Style[e,opts]指定のスタイルで要素を表示
    Tooltip[e,label]要素に任意のツールチップを付加
  • SmoothHistogramにはGraphicsと同じオブションに以下の追加・変更を加えたものが使える.
  • AspectRatio1/GoldenRatio縦横比
    AxesTrue軸を描くかどうか
    ClippingStyleNone曲線が切断されたところに何を描くか
    ColorFunctionAutomatic曲線の彩色をどのように決めるか
    ColorFunctionScalingTrueColorFunctionの引数をスケールするかどうか
    FillingNone各曲線の下に挿入する塗潰し
    FillingStyleAutomatic塗潰しに使用するスタイル
    MaxRecursionAutomatic使用可能な再帰的下位区分の最大数
    MeshNone各曲線に描画するメッシュ点の数
    MeshFunctions{#1&}メッシュ点の置き方をどのように決めるか
    MeshShadingNoneメッシュ点間の陰影付けをどうするか
    MeshStyleAutomaticメッシュ点のスタイル
    MethodAutomatic使用するメソッド
    PerformanceGoal$PerformanceGoal最適化しようと試みるパフォーマンスの局面
    PlotPointsAutomaticサンプル点の初期数
    PlotRangeAutomatic含める値の範囲
    PlotRangeClippingTrueプロット範囲で切断するかどうか
    PlotStyleAutomatic各オブジェクトのスタイルを指定するグラフィックス指示子
    PlotTheme$PlotTheme全体的なプロットのテーマ
    RegionFunction(True&)点を含めるかどうかの決定方法
    ScalingFunctionsNone個々の座標をどのようにスケールするか
    WorkingPrecisionMachinePrecision記号分布の内部計算に使われる精度
  • RegionFunctionMeshFunctionsColorFunctionに渡される引数は xf である.ただし,f は分布のPDFCDF等でよい.
  • ScalingFunctions->{sx,sy}のとき, 座標は sxを使ってスケールされ, 座標は syを使ってスケールされる.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (3)  (3)

データ集合をプロットする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

いくつかのデータ集合をプロットする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

データの確率密度関数をプロットする:

In[1]:=
Click for copyable input
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

累積分布関数:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

生存関数:

In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=

ハザード関数:

In[5]:=
Click for copyable input
Out[5]=

累積ハザード関数:

In[6]:=
Click for copyable input
Out[6]=
2010年に導入
(8.0)
| 2015年に修正
(10.2)