SparseArray

SparseArray[{pos1val1,pos2val2,}]
の位置に現れる疎な配列を与える.

SparseArray[{pos1,pos2,}{val1,val2,}]
同じ疎な配列を与える.

SparseArray[list]
list の疎な配列版を与える.

SparseArray[data,{d1,d2,}]
配列を表す疎な配列を与える.

SparseArray[data,dims,val]
指定されていない要素は値 val を持つと解釈される疎な配列を与える.

詳細詳細

  • SparseArrayは,指定されていない要素はデフォルトでであると解釈する.
  • SparseArray[data,]SparseArray[Automatic,dims,val,]という構造の最適化された標準形に常に変換される.
  • Normal[SparseArray[]]は疎な配列オブジェクトに対応する一般的な配列を与える.
  • ArrayRules[SparseArray[]]は規則のリストを与える.
  • SparseArrayの要素は数値である必要はない.
  • 位置指定 はパターンを含むことができる.
  • SparseArray[{{i_,i_}->1},{d,d}]d×d の単位行列を与える.
  • Band[]->valsという形の規則で,疎な配列内の帯の値を指定する.
  • 規則により,と一致する指標の各集合について別々に評価される.
  • SparseArray[list]は,が特定のレベルのすべての部分が同じ長さのリストである完全な配列であることを要求する.
  • 疎な配列の個々の要素自体はリストであってはならない.
  • SparseArray[rules]は位置が明示的に指定されている要素を含むのにちょうど適した次元の疎な配列を与える.
  • SparseArray[rules,Automatic,val]は指定されていない要素が値 valを持つと解釈する.
  • リストと行列の操作はNormal[SparseArray[]]で行われるのと同じように行われるように設定される.
  • 属性Listableを持つ関数はSparseArrayオブジェクトで表される一般的な配列の個々の要素に自動的に縫い込まれる.
  • PartSparseArray式それ自身の部分ではなく,SparseArrayオブジェクトで表される配列の指定された部分を抽出する.
  • Mapのような関数はSparseArrayオブジェクトの構成要素に自動的に適用される.
  • SparseArrayAtomQのような関数にパターンマッチのために未加工のオブジェクトとして扱われる.
  • Dimensionsは疎な配列の次元を与える.
  • 疎な配列の標準的な出力形式は,非標準的な要素数と総次数を示す.
2003年に導入
(5.0)
| 2007年に修正
(6.0)