Speak
This feature is not supported on the Wolfram Cloud.

Speak[expr]
expr 式の言葉による表現を音声表現する.

詳細とオプション詳細とオプション

  • Speak["string"]中のテキストの音声表現を与える.
  • Speak[expr]は数式,プログラム,グラフィックス,その他の構造とともに使うことができる.
  • Speak[HoldForm[expr]]expr のホールドされた形式の音声表現(評価せずに)を与える.
  • Speakは,式構造の文字通りの表現ではなく,自然な言葉による音声表現を与えようと試みる.
  • Speakは使用中のコンピュータシステムのサウンドシステムを使ってサウンドを生成する.
  • SpokenString[expr]Speak[expr]によって生成されたスピーチのテキストを与える.
  • 使用可能なオプション
  • "ArraySizeLimit"10配列の要素あるいは関数の引数の最大数
    "DetailedGraphics"Falseグラフィックスプリミティブの説明を制御
    "ExpressionDepthLimit"10グラフィックスプリミティブの説明を制御
    "IncludeParentheses"False部分式の区切りを制御
    "IntegerLimit"10^10全桁で与えられる最大整数
    "RealPrecisionLimit"3近似数に有効桁を何桁含ませるか
    "StringLengthLimit"1000文字列と記号名の最大文字数
  • はグラフィックス表現を含む全出力式のサイズを制御する.
  • 大きさを制御するオプションは出力中の厳密な要素数というより出力の部分を省略して発音し始める複雑さのレベルを指定する.
  • Speak["str"]を音声エンジンに送る.Speak[HoldForm["str"]]はオプションの影響で処理された文字列の音声表現を与える.
  • Speak[Unevaluated[expr]]expr のホールドされた形も音声表現も与える.
  • 使用中のコンピュータシステムの音声エンジンに送られるテキスト文字列はSpokenString[expr,Options[Speak],"PostProcess"->False]で与えられる.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (5)  (5)

テキスト文字列の音声表現を与える:

In[1]:=
Click for copyable input

数式の音声表現を与える:

In[1]:=
Click for copyable input

未評価の式を音声表現にする:

In[1]:=
Click for copyable input

クリックされたときに音声を生成するボタンを作る:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

2番目の棒を,クリックされると音声を生成するボタンとして動作するようにする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
2008年に導入
(7.0)
| 2010年に修正
(8.0)