SphericalRegion

SphericalRegion
3Dのグラフィックス関数に与えるオプションで,3Dの境界ボックスに外接する球が指定された表示領域に収まるように最終的なイメージがスケールされるかどうかを指定する.

詳細詳細

  • SphericalRegion->Falseは,指定された表示領域の範囲内で,3Dのイメージをできる限り大きくスケールする.
  • SphericalRegion->Trueは,3Dの境界ボックスに外接する球が,常に指定された表示領域に収まるように,3Dのイメージをスケールする.
  • 球の中心として境界ボックスの中心が採用される.球の半径は,境界ボックスが球に内接するように選ばれる.
  • SphericalRegion->Trueの設定では,特定のオブジェクトのイメージは,このオブジェクトの向きにかかわらず,その大きさが一定になる.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (1)  (1)

3Dプロットがどの方向からでも境界ボックスの中に収まるようスケールする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
1991年に導入
(2.0)