StateSpaceTransform

StateSpaceTransform[sys,{p,q}]
行列 p および q を使って状態空間モデル sys を変換する.

StateSpaceTransform[sys,{{x1p1[z],},{z1q1[x],}}]
変数変換およびを使って変換する.

詳細とオプション詳細とオプション

  • StateSpaceTransformは状態変数が変換されている,変換されたモデルを返す.変換は相似変換,同値変換あるいは制約のある同値変換でよい.
  • sys は,標準あるいはディスクリプタのStateSpaceModelAffineStateSpaceModelあるいはNonlinearStateSpaceModelである.
  • 標準のStateSpaceModel[{a,b,c,d}]の場合,変換前と変換後の系は変換 によって関連しており,対応する方程式は以下によって与えられる.
  • 一般に,pq は逆の関係にあり,その場合,変換は相似変換である.pq の次のデフォルトが標準的なStateSpaceModel変換に使われる.
  • p または {p,Automatic}{p,Inverse[p]}
    {Automatic,q}{Inverse[q],q}
  • ディスクリプタStateSpaceModel[{a,b,c,d,e}]については,変換前と変換後の系は変換 によって関連付けられており,対応する方程式は以下によって与えられる.
  • 一般に,p および q は可逆行列であるが,変換が同値変換になる逆行列ではない.ディスクリプタStateSpaceModel変換には次のデフォルト値が使われる.
  • p または {p,Automatic}{p,IdentityMatrix}
    {Automatic,q}{IdentityMatrix,q}
  • ヤコブ行列D[p[z],{z}]j によるAffineStateSpaceModel[{a,b,c,d},x]およびNonlinearStateSpaceModel[{f,g},x,u]では,変換前の系と変換後の系は変換 によって関連付けられており,対応する式は以下によって与えらる
  • 一般に,は逆の関係にある.その場合,変換は微分同相写像である.
  • {{x1->p1[z],},{z1,}}必要であれば が計算される
    {Automatic,{z1->q[x],}}が計算される
  • 変数変換行列が与えられた場合,結果の系は入力と同じタイプである.非線形状態空間モデルの場合,これらは変換規則を表すとみなされる.
  • 変数変換規則が与えられた場合,結果の系は常にAffineStateSpaceModelまたはNonlinearStateSpaceModelである.
  • StateSpaceTransformはオプションDescriptorStateSpaceを取る.
2010年に導入
(8.0)
| 2014年に修正
(10.0)