StepMonitor

StepMonitor
使用している数値メソッドが段階を踏むたびに計算される式を与える反復的な数値計算関数のオプションである.

詳細詳細

  • オプション設定は一般にStepMonitor:>expr で与えられる.
  • expr が直ちに評価されるのを避けるために,ではなくが使われる.
  • expr が評価されるたびに,数値計算中のすべての変数に現行の値が割り当てられる.
  • 実際にはBlock[{var1=val1,},expr]が使用される.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (3)  (3)

FindMinimumを使った数値的最小化に取られるステップをモニターする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

ステップ数を数える:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

ReapSowを使ってステップのデータを集める:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

関数のプロット上でステップを示す:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
2003年に導入
(5.0)