StringReplacePart

StringReplacePart["string","snew",{m,n}]
文字列"string"m 番目から n 番目にある文字を文字列"snew"で置換する.

StringReplacePart["string","snew",{{m1,n1},{m2,n2},}]
"snew"のコピーを複数の位置に挿入する.

StringReplacePart["string",{"snew1","snew2",},{{m1,n1},{m2,n2},}]
"string"mi番目から ni番目にある文字を"snewi"で置換する.

StringReplacePart["snew",{m,n}]
式に適用可能なStringReplacePartの演算子形を表す.

詳細詳細

  • StringReplacePartの位置指定は,StringPositionの返す形式で行う. »
  • "snewi"のリストの指定において,このリストの長さは位置のリストの長さと同じでなければならない. »
  • 複数の位置指定があるときは,そのすべてにおいて,置換操作が行われる前にもとの"string"が参照される.
  • StringReplacePart[s,"",]を使い,文字列の一部だけを除去することができる. »
  • StringReplacePart[new,part][old]StringReplacePart[old,new,part]に等しい.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (3)  (3)

2番目から5番目までの文字を新しい文字列で置換する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

いくつかの文字の列を新しい文字列で置換する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

StringReplacePartの演算子形を使う:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
1996年に導入
(3.0)
| 2016年に修正
(10.4)
Translate this page: