StringSplit

StringSplit["string"]
を空白文字のところで分割して部分文字列のリストにする.

StringSplit["string",patt]
文字列を文字列式 patt にマッチするデリミタで区切って部分文字列に分割する.

StringSplit["string",{p1,p2,}]
任意の のところで分割する.

StringSplit["string",pattval]
各デリミタの位置に を挿入する.

StringSplit["string",{p1v1,}]
各デリミタ の位置に を挿入する.

StringSplit["string",patt,n]
最高で n 個の部分文字列に分割する.

StringSplit[{s1,s2,},p]
の結果のリストを与える.

詳細とオプション詳細とオプション

  • StringSplit[s]は,これが返す文字列を区切る空白文字を返さない.
  • 空白文字は,任意の数のスペース,タブ,新規行を含む.
  • 文字列式StringExpressionの注釈で指定された任意のオブジェクトを含むことができる.
  • StringSplit[s]StringSplit[s,Whitespace]と等価である.
  • に隣り合った2つのデリミタがある場合,StringSplitは両者の間に長さが零の部分文字列があるとみなす.
  • StringSplit[s,patt]はデフォルトにより,で定義されたデリミタの間にある s の部分文字列のリストを与える.デリミタ自体は含まない.
  • StringSplit[s,patt->val]は各デリミタの位置の を含む.
  • StringSplit[s,patt:>val]は,パターンが見付かった場合にのみ val を評価する.
  • StringSplit["string",{p1->v1,,pa,}]は,にマッチするデリミタの位置の を含むが,とマッチするデリミタは省略する.
  • デフォルトで,StringSplit[s,patt]s の始まりまたは終りにあるデリミタと関連した長さが零の部分文字列を省略する.
  • StringSplit[s,patt,All]は,始まりあるいは終りの長さが零のものを含むすべての部分文字列を返す.
  • IgnoreCase->Trueというオプション設定をすると,StringSplitは大文字小文字の区別をしない.
  • StringSplit["string",RegularExpression["regex"]]は,指定された正規表現にマッチする区切りのところで分割する.
2004年に導入
(5.1)