Style

Style[expr,options]
指定のオプション設定でフォーマットされた で表す.

Style[expr,"style"]
現行ノートブックの指定スタイルのオプション設定を使用する.

Style[expr,color]
指定の色で表示する.

Style[expr,Bold]
フォントを太字にして表示する.

Style[expr,Italic]
フォントを斜体にして表示する.

Style[expr,Underlined]
フォントに下線を施して表示する.

Style[expr,Larger]
フォントサイズを拡大して表示する.

Style[expr,Smaller]
縮小されたフォントで表示する.

Style[expr,n]
フォントサイズ で表示する.

Style[expr,Tiny]Style[expr,Small]等 それぞれとても小さなフォントや小さなフォント等で表示する.

詳細とオプション詳細とオプション

  • Styleは通常の式とグラフィックスの両方に用いることができる.
  • Style[expr,spec1,spec2,]では,として以下のもののリストや文字列が使える.
  • opt1->val1,明示的なオプション
    "style"現行スタイルシートの名前付きスタイル
    色指示子(Red, RGBColor[], )
    グラフィックス指示子(Thickness[], )
    Bold太字テキスト (FontWeight->"Bold")
    Italic斜体テキスト (FontSlant->"Italic"
    Underlined下線付きテキスト
    Larger拡大文字テキスト
    Smaller縮小文字テキスト
    n(任意の数)フォントサイズが n のテキスト(FontSize->n)
    TinySmall絶対サイズのテキスト
  • Styleはノートブックフロントエンドのオプションインスペクタにリストされている任意のオプションを使うことができる.
  • Styleは任意のグラフィックス指示子あるいはグラフィックス指示子のリストを使うことができる.
  • Style[expr,spec1,spec2,]では,で与えられる明示的な設定が,中の名前付きスタイルで定義された設定に常に優先する.順番は関係ない.
  • 明示的な設定では,あるオプションの設定で最初にあるものが使われる.
  • RedBold等の指示子は,対応するオプション設定に等しいものとして扱われる.
  • 一般的に使われるオプションには次のようなものがある.
  • Background背景色
    Editableコンテンツを編集可能にするかどうか
    FontFamilyフォントファミリ
    Hyphenationテキストにハイフンを入れるかどうか
    Magnification拡大率
    Selectableコンテンツを選択可能にするかどうか
  • 一般駅な名前付きスタイルには次のようなものがある.
  • "Button"システムボタンのテキストのように表示する
    "Graphics"グラフィックスのように表示する
    "Input"Wolfram言語入力のように表示する
    "Label"サンセリフのラベルとして表示する
    "Menu"システムのメニュー項目のように表示する
    "Output"Wolfram言語出力のように表示する
    "Panel"システムパネルのテキストのように表示する
    "PopupMenu"システムのポップアップメニューのように表示する
    "Section"セクションの見出しとして表示する
    "SmallText"小さなテキストのように表示する
    "Subsection"サブセクションの見出しとして表示する
    "Text"一般のテキストのように表示する
    "Title"タイトルのように表示する
  • Styleオブジェクトがネストされている場合,一番内側にある指定が特定の式の表示法を制御する.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (3)  (3)

フォントの色に赤を使う:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

フォントのさまざまな特性を指定する:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

定義済みのスタイルを使う:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

個々のグラフィックスオブジェクトのスタイルを指定する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
2007年に導入
(6.0)