StyleBox

StyleBox[boxes,options]
boxes の低レベル表現で,で指定されるオプション設定に従いボックス を表示する.

StyleBox[boxes,"style"]
現在使っているノートブックで,指定されたスタイルのオプション設定を使う.

詳細詳細

  • StyleBoxは,Styleの低レベル表現である.低レベルノートブック式操作を除き,StyleBoxを直接使う必要があってはならない.
  • スタイルシートレベルで適用するようにドキュメントされている任意のオプションを使うことができる.このオプションには,StyleBoxFontSizeFontWeightFontSlantFontFamilyFontColor,およびBackgroundが含まれる.
  • 指定可能な補助的なオプション
  • ShowContentsTrueboxes を表示するか,スペースを設けるだけにするか
    StripOnInputTrueFrameBoxラッパーを評価時に取り去るかどうか
  • StandardFormInputFormの入力では,StyleBoxは通常無視される.このため,StyleBox[box,spec]は単に として解釈される.
  • ネストしたStyleBoxオブジェクトでは,最も内側にあるオブジェクトのオプションがボックス全体の表示仕様を決定する.
  • StandardFormでは,手入力のStyleBoxオブジェクトは記述通りに出力される.最終的な表示形を確認するにはDisplayFormを使う.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (4)  (4)

スタイルオプションに従ってボックスやテキストにスタイルを付ける:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]//DisplayForm=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]//DisplayForm=

名前付きのスタイルを使う:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]//DisplayForm=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]//DisplayForm=

全体としてしか選択できないテキストを表示する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]//DisplayForm=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]//DisplayForm=

デフォルトで,中カッコのように拡張する文字もどこまでも大きくなる訳ではない:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]//DisplayForm=

SpanMaxSizeを使って中カッコがフルサイズまで大きくなるようにする:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]//DisplayForm=
1996年に導入
(3.0)
| 2007年に修正
(6.0)