SurvivalDistribution

SurvivalDistribution[{e1,e2,}]
事象回数 の生存分布を表す.

SurvivalDistribution[{cw1,cw2,}{e1,e2,}]
事象 が打切り重み で起る生存分布を表す.

詳細とオプション詳細とオプション

  • SurvivalDistributionは生存分析,信頼性分析,持続時間解析に使われる.
  • SurvivalDistributionは打切られた寿命データのEmpiricalDistributionを表すDataDistributionオブジェクトを生成する.
  • について次の各事象指定を使うことができる.
  • ti打切りなし,事象は で起る
    {ti,}右打切り,事象は t で起る,ただし,
  • {-,ti}左打切り,事象は t で起る,ただし,
    {ti,min,ti,max}区間打切り,事象は t で起る,ただし,
  • について次の各検閲重み指定を使うことができる.
  • ciにおける 件の事象
    {ci,ri}における 件の事象と 件の右打切り事象
    {ci,ri,li}における 件の事象,件の右打切り事象,件の左打切り事象
  • SurvivalDistributionでは,事象時間と重みのリストは同じ長さでなければならない.
  • EventData[{t1,},{i1,}]を使って打切りベクトルの事象時間の形式に変換することができる.
  • 使用可能なオプション
  • MethodAutomatic使用するメソッド
    WorkingPrecisionAutomatic内部計算の精度
  • SurvivalDistributionは自動的にデータに最適のメソッドを選ぶ.KaplanMeier推定は右打切りデータに使われる.他の打切りタイプでは,自己矛盾のない方法で推定が行われる.メソッドによっては特定タイプの打切りしかサポートしないものもある.
  • Methodの可能な設定値
  • Automatic最適メソッドを自動選択
    "Turnbull"区間打切りデータのTurnbullアルゴリズム
    "KaplanMeier"右打切りデータに積極限推定
    "NelsonAalen"NelsonAalen累積ハザード推定に基づく
    "Noncensored"打切りは無視され区間の中点が使われる
    "SelfConsistency"両側打切りデータのTurnbullアルゴリズム
  • SurvivalDistributionMeanCDFRandomVariate等の関数とともに使うことができる.
2010年に導入
(8.0)