SyntaxInformation

SyntaxInformation[f]
f[]が入力としてタイプされたときにシンタックスの色付けその他の助言を生成するために使われる情報を返す.

詳細詳細

  • SyntaxInformation[f]={"prop1"->data1,"prop2"->data2,}は,f のシンタックスの特性 propiを定義する.
  • 可能な特性には次のようなものがある.
  • "ArgumentsPattern"認められた引数の列のパターン
    "LocalVariables"局所変数の型とその取り得る位置
    "ColorEqualSigns"=に色付けが施される引数位置
  • "ArgumentsPattern"の設定値は{patt1,patt2,}という形式である.ただし pattiは,_______.OptionsPattern[]{p1,}のいずれかである.
  • "ArgumentsPattern"の設定値が,f はオプションを取ると指定している場合,有効なオプション名はOptions[f]で決定される.
  • "LocalVariables"の設定値は,{"type",{imin,imax}}という形である.可能な型には"Table""Solve""Integrate""Limit""Plot""Manipulate"がある.iminimaxは,変数が現れ得る引数位置の最大数と最小数である.imaxInfinityでもよい.
  • {"type",{imin,imax},"Lexical"}"LocalVariables"の設定値は,Dynamicの中にある局所変数に特別な色付けがなされないようにする.
  • "ColorEqualSigns"の設定は{imin,imax}という形になる.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (2)  (2)

fが厳密に引数を2つ取るように指定する:

In[1]:=
Click for copyable input
In[2]:=
Click for copyable input

fのオプションを設定する:

In[1]:=
Click for copyable input

fが2つの引数を取り,この引数にオプションが続くように指定する:

In[2]:=
Click for copyable input

不適切なオプションは,赤く色付けされる:

In[3]:=
Click for copyable input
2007年に導入
(6.0)
Translate this page: