TabView

TabView[{lbl1expr1, lbl2expr2, }]
ラベル が付いたタブをクリックすると が表示されるオブジェクトを表す.

TabView[{lbl1expr1,lbl2expr2,},i]
番目のタブを現行選択とする.

TabView[{{v1,lbl1expr1},{v2,lbl2expr2},},v]
を連続するタブに関連付け,値 v のタブを現行選択とする.

TabView[{expr1,expr2,}]
タブのラベルを連続する整数とする.

詳細とオプション詳細とオプション

  • TabView[list,Dynamic[s]]は,選択されたタブが動的に更新される の現行値で指定されるようにする.の値は異なるタブが選ばれるとリセットされる.
  • 次のオプションを使うことができる.
  • Alignment{Automatic,Automatic}表示エリアのオブジェクトの整列方法
    AppearanceAutomaticTabViewの全体的な外観
    BaselinePositionAutomatic周囲のテキストのベースラインとどのように揃えるか
    BaseStyle{}TabViewのベーススタイル指定
    ContentPaddingTrueコンテンツの周囲にぴったりするように余白を縮めるかどうか
    ControlPlacement{Automatic,Automatic}タブを置く場所
    EnabledAutomaticタブを有効にするか灰色(無効)にするか
    FrameMarginsAutomatic全体的な枠の内側の余白
    ImageMargins0表示エリア周囲の余白
    ImageSizeAll全体的な表示エリアの画像サイズ
    LabelStyle{}タブエリアのスタイル指定
  • デフォルトのオプション設定ImageSize->Allでは,TabViewは,全体的な大きさが変わらないように常に最大の が描画できるようなスペースを取る. »
  • ImageSize->Automaticのときは,TabViewは現在描画されているのみについてのスペースを取る.
  • の中にNullのものがあると,これに対応するタブは空白になる. »
  • Appearance->"Limited"は,タブの異なる「ページ」にナビゲートするためのコントロールを添えて表示するのは限られた数のタブだけにするように指定する.
  • Appearance->{"Limited",n}は1度に表示するのは n 個のタブまでに限るように指定する.
  • TabViewはデフォルトで,スタイルで表示する.これには一般にシステムのボタン用フォントが使用される.
  • BaseStyleLabelStyleの設定値は,一般に現行スタイルシートのスタイルとスタイルで与えられるデフォルトスタイルに加えられる.
2007年に導入
(6.0)
| 2008年に修正
(7.0)