WOLFRAM言語組込みシンボル

TargetFunctions

TargetFunctions
ComplexExpand等の関数のオプションで,出力としてどのような関数を生成するかを指定する.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (3)  (3)

これは,Re[z]Im[z]によって答を返す:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

TargetFunctions->{Abs, Arg}とすると,答はAbs[z]Arg[z]によって返される:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

Conjugateを目的関数として使う:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
1996年に導入
(3.0)