Text

Text[expr]
expr を基本的なテキスト形式で表示する.

Text[expr,coords]
グラフィックスプリミティブで,coords によって指定された点に中央揃えされた expr のテキスト形式を表示するグラフィックスプリミティブである.

詳細とオプション詳細とオプション

  • テキストはデフォルトではStandardFormだが,ArialまたはHelveticaのような典型的なテキスト用のフォントで表示される.
  • Textは,2Dおよび3Dのグラフィックスに使用することができる.
  • グラフィックス中では,Text[expr]Text[expr,{0,0}]またはText[expr,{0,0,0}]と等価である.
  • Text[expr,coords]は,Inset[expr,coords]のような働きをする.
  • {x,y,}またはScaled[{x,y,}]として座標を指定することができる. »
  • 2DではOffsetを使っても座標が指定できる. »
  • Text[expr,coords,offset]は,与えられた座標に相対的なテキストブロックのオフセットを指定する.オフセット{sdx,sdy}を与えることでこの点{x,y}がテキストを囲む長方形の内側の相対座標{sdx,sdy}に存在することを指定する.この相対座標はそれぞれ囲いの長方形上で-1から+1までの範囲になる.
  • 指定されたオフセットは-1から+1の範囲になる必要はない.
  • 以下は,2Dグラフィックスに使用するオフセットの例である.
  • {0,0}テキストの点{x,y}での中央揃え
    {-1,0}左端を点{x,y}
    {1,0}右端を点 {x,y}
    {0,-1}{x,y}の上に中央揃え
    {0,1}{x,y}の下に中央揃え
  • Text[expr,coords,offset,dir]は,方向を指定し,方向ベクトル dir で与えられる.dir の可能な値は以下の通り:
  • {1,0}通常の水平テキスト
    {0,1}下から上へ読む垂直テキスト
    {0,-1}上から下へ読む垂直テキスト
    {-1,0}上下逆さまの水平テキスト
  • 3Dグラフィックスにおけるテキストは,{x,y,z}で指定される点を投影した位置におかれる.テキストは他のオブジェクトの手前におかれる.
  • 使用可能なオプション
  • BackgroundNone背景色
    ContentSelectableAutomaticコンテンツを選択可とするかどうか
    BaseStyle{}コンテンツのベーススタイル指定
    FormatTypeAutomaticフォーマットタイプ
  • グラフィックスの外側では,Text[expr]は実質的にTextCellを生成する.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (3)  (3)

式をプレーンテキスト形式で表示する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

2Dグラフィックス中にテキストを表示する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

3Dグラフィックス中にテキストを表示する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
1988年に導入
(1.0)
| 2016年に修正
(11.0)
Translate this page: