Thread

Thread[f[args]]
args に現れる任意のリストに f を縫い込む.

Thread[f[args],h]
args に現れる頭部 h を持つオブジェクトに f を縫い込む.

Thread[f[args],h,n]
f args に現れる頭部 h を持つ先頭から n 個のオブジェクトに縫い込む.

詳細詳細

  • 属性としてListableが与えられている関数は自動的にリストに縫い込まれる,すなわち各リストの同じ位置に現れる要素をまとめてそこに適用される.
  • 頭部が h で,指定された args の中にある要素はすべて同じ長さでなければならない.
  • 頭部が h でない引数はこの引数の中で頭部が h の要素の数だけコピーされる. »
  • Threadは,標準的な列の指定を使用して引数を指定する.
  • Allすべての要素
    None零要素
    n1から n までの要素
    -n最後の n 個の要素
    {n}n 番目の要素のみ
    {m,n}m 番目から n 番目までの要素
    {m,n,s}m 番目から n 番目までの要素を刻み幅 s
1988年に導入
(1.0)